August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

補助金申請しない教員へのペナルティについて考える

旧帝大以外の国立大学は、なんとも厳しい状況になってきました。
浮き足立っているところが目立ちすぎます。
でも、そうやって、右往左往せざるを得ないのが本当のところなのかもしれません。

補助金申請しない教員に「罰則」 財政難の宇都宮大学』(asahi.com)という記事から。
 文部科学省に科学研究費補助金(科研費)を申請しない教員は、大学が教員に配分する研究費を1割減らします――。財政難に悩む宇都宮大学は今年度、外部資金の獲得をねらって、こんな「お触れ」を全教員約350人に出し、実行に移している。同大は「大学として生き残っていくため、教員に対する引き締めが必要」と必死だ。国立大学協会によると、科研費申請をめぐるペナルティーは珍しいという。

 04年の法人化以降、教育研究の基盤となる運営費交付金が年率1%で削減され続けており、同大では年間の削減額は5000万円に上るという。目減りした分の穴埋めが緊急課題となっている。

 科研費は、文科省が公募の中から研究内容などを審査して配分するもので、各大学が奪い合うことから「競争的資金」と呼ばれている。科研費を担当する同大研究国際課は「教授も営業活動が必要な時代。自分の研究費は自分で稼いでもらいたい」と力を込める。

 同大は06年度に原則、全教員が科研費を申請することとし、今年度からは申請しない教員に「ペナルティー」として教員の命綱である研究費の削減に踏み切った。さらに、2年連続で申請しない教員は研究費を3割削減することも決めた。

お金を集める手段を科研費だけに頼りすぎていませんか。
「科研費を集められなければ、よい教員ではない」という見方は、そもそもその大学には独自に学問を評価する視点も視力もないということを露呈しているだけです。

そもそも、文系の基礎的な研究に科研費はつかないでしょう。
趣旨が違います。

この大学にとって、何の研究が重要なのか、誰も大学の中の人間がわかっていないのでしょう。

例えお金を集めることができない研究だとしても、その大学にとって重要な研究であるという共通認識ができれば、それはペナルティどころか大きく評価されるはず。

結局、自分の専門以外のころは興味がないということでしょうか。

研究する側の人間も、ちゃんとプレゼンテーションすべきだと思います。

だいたいこういう事態になった時のコメントは、「基礎的な研究はすぐにお金にはつながらないが、それをないがしろにすることは学問の衰退につながる」的なものばかりです。

みんな、基礎的な研究が重要なことはわかっています。
でも、「少なくとも私の研究は、この大学にこんなメリットをもたらしている」といった具体的な話は聞こえてこないような気がします。

あくまでも、学生から納付されたお金は教育に使うべきであって、研究をしたいのなら教員が独自にお金を集めるべきだと思います。

科研費の解説第3次改訂
科学研究費補助金からみる全国大学総合ランキング
<<back|<5678910
pagetop