August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

立命館大と野村証券で、高校での金融・ファイナンス教育プログラムを開発

立命館大と野村証券、高等学校における金融・ファイナンス教育で連携」というプレスリリースから。
 立命館大学(京都市中京区)と野村證券株式会社(東京都中央区)は、高等学校における金融・ファイナンス教育に関して、「『高等学校における金融・ファイナンス教育開発プロジェクト』の推進に関する協定」を締結しました。今後両者は連携して、金融・ファイナンス分野の教材や教育プログラムの開発に向けた取り組みを実施してまいります。

 グローバル化の波が押し寄せている金融・ファイナンス分野において、その知識の国民的普及と、専門知識を有する人材の育成は重要な課題であると言えます。
 しかしながら、わが国の高等学校段階における金融・ファイナンス教育の取り組みは、現時点では極めて未成熟な状況であり、その分野で大学進学を目指そうとする生徒は多くありません。これは、カリキュラムの問題だけではなく、適切な教材や人的資源の不足が内在しているためでもあり、現時点では高等学校段階での金融・ファイナンス分野の教育を飛躍的に前進させることは困難な状況にあります。
 近年、各関係機関の努力によって初等・中等教育段階の経済・金融リテラシー教育は徐々に広がっていますが、高等学校における取り組みの進展が課題となっています。そこで、立命館大学と野村證券は、このような社会的課題を受け止め、両者が蓄積してきた金融・ファイナンス教育に関わる取り組みと経験を踏まえ、両者が連携して、高等学校における金融・ファイナンス教育の進展に寄与する活動を開始することといたしました。

以前、高等学校では金融や投資について学ぶ機会がない、というコメントを書きましたが、すでに動いている人達がいました。
具体的には、2年間をかけて以下のような活動をするようです。
1. 高等学校における金融・ファイナンス教育の実態調査・研究
2. 教材資料、その他情報収集
3. 高等学校教員等の教育機関関係者および金融機関関係者とのネットワーク構築
4. プロジェクト活動内容に関わる情報発信と情報交換の拠点形成
5. 金融・ファイナンス教育プログラムの開発・設計
立命館大学、野村證券両者にとってのメリットは、やはり裾野を広げるということなのでしょう。
高校段階で、金融に付いて学ぶ機会がないために、大学でその分野に進もうという生徒がなかなか生まれてこない、というのはあるでしょうね。
どうしても、生徒達は、自分の得意科目や、身近なものから志望分野を考えがちです。

野村証券にとっては、金融・投資への理解が進み、気持ちのハードルがさがれば、プロとして働く人、自ら投資をやろうと思う人、両方の面で活性化がのぞめます。

そして、立命館大学には附属高校もありますが、他の高校にもこのプログラムを広げていくことによって、自然に金融に興味を持った受験生が立命館大学にも興味を持つ、ということでしょう。

もっと、他の分野でも大学と企業が連携した教育プログラムができそうです。
<<back|<123456
pagetop