September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

予備校の授業を県立高校内で、について考える

秋田県、予備校の授業を県立高校内で 県が導入検討』(asahi.com)という記事から。
 進学塾などにかかる保護者の負担を軽くするため、秋田県は、県立高校内などで大手予備校の授業が受けられる態勢づくりを検討し始めた。学校での通常授業とは別に、校舎内で予備校の授業ビデオを流す方法を想定している。

 寺田典城知事が8日、秋田市内で開かれた市民との会合で、「塾に行かなくても済むよう、準備を進めていく」などと考えを示した。

 県教委高校教育課によると、県内では秋田市内を除くと十分な数の予備校がなく、進学希望者が多い高校では、授業とは別に講習などを実施している。

個別の高校では、土曜講座として、予備校の授業ビデオを放映したりするケースは多いようだ。
高校としては、生徒や保護者には「塾や予備校に頼らなくても、本校で進路の面倒を見ます」というのが、売り文句のひとつになるのだろうが、自分たち自身が予備校に頼らざるを得ないというなんとも皮肉な結果になっています。

まあ、このこと自体は、高校の授業では全てまかないきれない上に、十分な塾や予備校がないということなら、止むを得ないような気はします。

でも、ビデオを見る程度の学習なら、地元に塾や予備校がなくても、生徒が個人的に通信教育や、参考書などの自学自習でも何とかなるような気がします。

不明な点を質問できるわけでもなく、また、生徒の状況に合わせて指導を変えることもできないビデオ教材でどこまでできるのだろうか、という心配があります。

予備校や塾などの強みは、もちろん受験に合わせた教科の対策もあるのですが、それと合わせて、蓄積された情報とそれに基づいたカウンセリング(チュートリアル)にあります。

その恩恵を受けることができないビデオ授業にあまり期待はしない方がいいのでは?

予備校論
新・受験技法(2008年度版)
なぜ勉強させるのか?

AO入試の青田買いについて考える

AO入試過熱 大学も「青田買い」』(YomiuriOnline)という記事から。
受験生の意欲や個性などを総合的に評価する「AO入試」で、選考時期や合格者の内定時期を早める大学が目立ち始めた。来年度入試では今月中に内定を出す予定の所まである。

 こうした「青田買い」ともいえる一部の大学の動きに対し、危機感を強める専門学校業界も来年度からのAO入試導入を打ち出した。大学全入時代を迎えて過熱する学生争奪戦に、高校側からは「AO入試が安易な学生確保の手段になりつつある」との批判が出ている。

 「うちの大学を第一希望にしてくれる高校生は、早い時期に通してあげたい。AO入試は、早く進路を決めたい高校生と、入学生を確保したい大学の両方にとっていい制度」

 今月からAO入試の受け付けを始めた首都圏の小規模大学の関係者は本音を打ち明ける。この大学では、面談とリポートをもとに、早ければ月内にも合格内定を出す予定だという。

 AO入試は、多様な資質を持った学生を書類審査や面接、小論文などを通して選ぶ。2006年度の大学入試では国公立大45校、私立大では約7割にあたる380校で実施された。

 しかし、文部科学省のガイドラインで試験日程などが定められている一般入試や推薦入試と異なり、AO入試の日程については規定がない。このため、複数の予備校関係者によると、これまでは推薦入試の出願が始まる秋ごろに合格発表を行うのが一般的だったが、定員割れの大学が目立ち始めたここ2〜3年、夏休み前に選考を始めたり、正式な発表前に合格内定を出したりする大学が増えてきたという。

AO入試の青田買い批判については、「何をいまさら」という感が否めません。
1学期中に合格を出す大学もこの2〜3年というレベルの話ではないでしょう。

私は、青田を買うことは悪いことではないと思います。
将来的に伸びる可能性のある生徒に早く合格を出して、残りの高校生活を大学受験のためではなく、自分のやりたいことをやってもらう、ということができれば、とてもいい制度だと思います。

とは言え、合格した生徒が2学期以降授業に身が入らなくなるのは事実としてあるでしょう。
ただ、それを大学の責任として、高校側が批判するのは誤っています。
そもそも、大学合格をニンジンにすることでのみ、勉強に興味を向けさせることができないのは、高校側の問題だと思います。
「選考に時間がとられて、高校の授業に弊害がでる」といった批判ならもっともな話だと思いますが。

青田を買って、ほったらかしにしておくから批判がでるんでしょうね。
伸びる芽、実る株も実らなくなってしまうと。

では、青田を買ったら、せっせと世話をしましょうよ。
でも、本来面倒を見ている高校があるわけですから、それを無視するわけにはいきません。
ということは、合格者一人ひとりの状況に合わせながら、高校と連携して、学習状況などを確認する、というとても手間のかかる作業になります。ある意味、飛び入学しているようなものです。

そういう手間をかけないAO入試は、青田買いのほったらかしだと、どんどん批判されてしかるべき。
いいAOと悪いAOの見分け方は、合格した後入学するまで何をするか、にあると思います。

大学「AO入試」とは何だ
大学入試の戦後史
JUGEMテーマ:地域/ローカル


九州大 過去問再利用脱退について考える

入試過去問題活用宣言大学への不参加について(お知らせ)』(九州大学)というy案内から。
 本学は、新聞報道等で公表されている「入試過去問題活用宣言」大学から、参加を辞退しましたので、お知らせします。
 その理由は、本学としては、当初から、入試過去問題の提供は行うが、使用はし ないこととしておりました。しかしながら、本宣言参加大学は入試過去問題を参加 大学間で相互に使用することを前提としていることから不参加を表明したものです。

一度は、参加を表明したものの、辞退したということで、まあ文面どおり読み取ればいいのでしょうが、深読みしたくもなります。
周りからいろろ言われたのでしょうかね。
「九大なのに独自試験ができないのか」的な。

まあ、そこは憶測ではありません。
しかし、辞退を表明したということは、結構重い話だと思います。

九州大にとってみれば、万が一これからの入試問題で、再利用グループの過去問もしくは類題が出題されでもすれば、「話が違うじゃないか」とたたかれることは覚悟しなくてはいけません。
さらに問題は、再利用グループの入試問題に九州大の過去問もしくは類題が出題された場合。
九州大はもともと過去問は提供するが、他大学の過去問は使用しないという立場でしたのであまり問題にはならないような気はします。
ただし、出題した大学に対しては、「使わないということじゃなかったのか」という話が来そうです。

なんだか前門の虎、後門の狼みたいになっています。

九州大学(文系ー前期日程)(2007)
九州大学(理系ー前期日程)(2007)
九州大学(文系ー後期日程)(2007)
九州大学(理系ー後期日程)(2007)

九州大学COE大学改革

国立大入試の分散化について考える

国立大入試日分散を 諮問会議で民間議員』(産経新聞)という記事から。
4日の経済財政諮問会議で、御手洗冨士夫・日本経団連会長ら民間議員は、国立大学の入学試験日を5グループ程度に分散させることを提案した。分散化で生じた学生数の増減を国からの交付金配分の評価項目にし、大学間競争を促す。

 民間議員は国立大学の入試日を分散することと、受験生が複数の国立大学に合格できる制度への変更を提案。「歩留まりや定員割れを、運営費交付金の算定における評価対象とすることも考えられる」とした。

国立大に格差をつけようという目的だけの提案はやめて欲しい。
一切、受験生のことなど考えられていない。

一見、受験機会が増えるのはいいことのように思えます。
いまどき、5大学も受験するでしょうか?
そして、私立も併願するとなると、どれだけの校数を受験することになるのでしょう。
体力も精神力も持ちません。
もちろん、受験は自由なので、自分のペースで受ければいいのですが、合格実績を上げたい高校は、受験させるでしょうね。
そして、入学することのない合格がどんどん増えていく。
大学は入学手続き者が読めずに、定員を大幅に上回ったり、下回ったりして、きわめて不安定な状況になります。

もっと大事なことは、受験生に、じっくりと大学を選ぶ時間と機会を提供することだと思います。
センター試験の結果次第で、急遽よく知らない大学に受験校を変更せざるを得なくなる、といった話はよくあります。
結果、合格してうまくいく場合もあるでしょうが、アンマッチが生じるケースもあります。
じっくり選んで、どうしても行きたい大学を決める。
受験は一発勝負。
でも、敗者復活はある。今の後期日程の形でもいいですし、場合によっては、4月に入ってからでも、いつでも欠員補充や、転入ができるシステムが作れないものでしょうか。
その上で、受験機会をどれくらい設けるか、という話になるのだと思います。

もうちょっと、受験生・学生視点でものを考えましょうよ。

大学入試制度
変えよう!日本の学校システム
入試改革の社会学
大学入試制度の教育学的研究
大学入試の戦後史




飛び入学生のその後を考える

飛び入学生、天才脳の行方 受験嫌いか、アンチ東大か』(asahi.com)という記事から。
千葉大が全国で初めて17才飛び入学制度をスタートさせて今年で10年目を迎える。高校2年生で大学入学を認める制度で、98年度の制度開始から今年度までの入学者は47人(女子は9人)、大学を卒業した学生は17人で33ページの表のように全員が大学院に進学している。よほどの勉強好き、と思ってしまうがそうでもないらしい。

 飛び入学1期生の梶田晴司さん(26)は工学部物質工学科に入学、その後千葉大大学院で表面物性物理学の理論に関する研究を続け、今年3月に飛び入学生として初の博士の学位を取得した。

 「大学入試は大変だと聞いていたので飛び入学しました。よくトップレベルの成績だとか言われるけどそんなことは全然ない、怠け者だったんです」

記事内では、飛び入学を選んだ動機がいろいろレポートされていて、面白い。

ひとつは、入試に対する疑問。
もちろん、普通に受験対策に取り組めば、それなりに問題なく対応できる人たちだと思いますが、一度疑問を持ってしまうと自分が納得できるまで動かない、という性格の人たちが多そうです。
通常の入試では弾かれてしまいそうな才能を救済することに役立っているのでしょう。

もうひとつは、ヒエラルキーに対する疑問。
「本当に東大がいいのか? そうじゃないんじゃないか? 別の方法があるんじゃないのか?」といった疑問から行動に移ったもの。
飛び入学制度がなければ、こういう人たちは、学部入学からいきなり海外の大学に行ってしまっていたのではないかと想像できる。
これもまた、優秀な人材を海外に流出することを防ぐことができたというわけだ。

ただ、制度として成立しているのは、千葉大ぐらいのようだ。
千葉大は、ただ飛び入学させるだけでなく、入学後特別なケアをしている。
わたしもそれは必要だと思う。
このようなケアがあるから制度として定着しているのか、「千葉大」というぶブランドがあるから成立しているのかはわからない。

飛び入学制度は、定着はしても、大きく拡大させるべきではないと思う。
千葉大のような特別なプログラムが必要であり、各大学が対応できる範囲でしかやっていけない。
無制限に青田買いのようになることはないでしょう。

過去問再利用について考える

当たればラッキー?大学入試「過去問」再利用へ 66大で来春から』(iza)という記事から。
 東京学芸大や順天堂大など全国66大学が来春入試から、過去に他の大学で出題された入試問題を再び出題する方針を決めた。毎年新たな問題を作成しなければならない負担を軽減するとともに、良質な過去問を活用するのが狙い。他大学の過去問の“再利用”はこれまで重大な信義則違反とみられる傾向が強かっただけに、66大学の取り組みに注目が集まりそうだ。

 過去問を再利用するのは両大のほか、お茶の水女子大、横浜国大、名古屋市大など国公立33大学と桜美林大、東京農大、日本医科大など私立33大学。

 これらの大学は「過去問活用宣言」を行い、(1)宣言を行った大学の入試問題を「共有財産」と位置づけ、相互に使用を認める(2)そのまま使用することも、一部改変して使用することもできる(3)使用した過去問は入試後に受験生に公表する−こととした。

これまでも、「過去に出題された問題を使用してはいけない」というルールはありませんでした。
ただし、「過去に出題された問題は使用しません」というのが、大学間での暗黙の了解であったようです。
なので、今回のこれらの大学の発表については「利用するかもしれません」という宣言ですね。文面からは「積極的に利用します」ということではないような気がします。

「作問の負担」がいちばん大きな理由のようです。
確かに、受験機会が増えれば増えるほど、問題を多く用意する必要があります。
ただ問題を作るだけではなく、選択科目がある場合は、科目間のレベルを揃える、などといった作業も出てきます。これは、その教科の専門の先生だけではできないでしょう。

また、過去に同様の問題が使用されていないか調べる必要があるでしょう。
これが、一番労力がかかりそうな気がします。
ひとうひとつあたっていく以外に、どうのような方法があるのか、想像できません。
この負担が解消されるだけでも大きいのではないでしょうか。

もしかしたら、これらの大学は、積極的に再利用するということではなくて、

まずは、独自に問題を作ってみる

その問題が過去に出題されていないか調べる

出題されていなければOK
出題されていてもボツにしないで、再利用ということでそのまま出題

そんな使い方をするつもりなのかもしれません。

受験生にとっては、利用する・利用しないに関わらず、使われそうな問題の見当をつけることは不可能だと思いますので、特別な有利・不利というのは出ないと思われます。

ただし、受験産業には、入試問題のプロたちがいます。
これらの大学の過去問から、いわゆる良問を探し出して、使われそうな問題をピックアップすることは、そう難しいことではないような気がします。

予備校・進学塾、高校生向け事業拡充

予備校・進学塾、高校生向け事業拡充」(日経新聞)という記事から。
 予備校や進学塾が高校生向けの事業を相次ぎ拡大している。市進は録画した授業を生徒が好きな時間に受講できる映像配信授業を本格的に開始。城南進学研究社は個別指導教室を今年度に約30教室開校する。今春に志願者数と入学者数が一致する大学全入時代を迎え、予備校や塾業界の高校生部門の経営環境は厳しい。各社とも受験生を囲い込もうと懸命だ。


確かに、大学全入時代と言われ、勉強しなくても、大学を選ばなければどこかには入学できる時代です。
あえて、塾や予備校に行こうと思わせるためには、相当な価値の提供が必要でしょう。

一番わかりやすいのは、合格実績を上げること、ですが、それも「合格したい」と強く思う生徒がたくさんいて始めて成立することです。

また区別の方向があるかもしれません。
AO・推薦が一般的になってきましたので、高校での授業ことも重要です。
そうなると、「集団指導で、科目を教える」というスタイルでは対応できません。
ビデオオンデマンドでの学習や、個別指導というのは、そういうニーズに対応したものでもあるでしょう。

さらに、目標を持った生徒に科目を教えるだけではなく、目標を持たせる指導、つまり進路指導までできる塾・予備校が必要なのではないでしょうか。

それは、高校の役割だとも思いますが、現在の高校にはそういう進路カウンセラーのような人がいません。教科を持っている先生が進路指導担当を兼任している状態では、限界があるでしょう。

必要な生徒には必要だと思います。

成果主義時代には推薦入学より一般入学組が使える?

採用試験がピーク 企業は“使える学生”をどう見抜く?」(ライブドアニュース)という記事から。
 今月、「受験勉強は役に立つ」(朝日新書)を上梓した精神科医の和田秀樹氏は、「成果主義の時代には、推薦組より受験で入学した学生のほうが社会に出てから使える人材になる」と語る。

「受験で身につくのは知識だけではありません。効果的な記憶術や集中力の持続法、志望校合格という目標達成に向けたスケジュール管理能力など、実社会ですぐ役に立つノウハウが知らず知らず身についているものです。受験秀才は頭でっかちと思われがちですが、主体的な戦術家でないと難関大学には受からない。むしろ、推薦やエスカレーターで大学に進んだ人の方が、先生や親から言われたことに従うだけの受け身でひ弱なタイプが多いですね」(和田秀樹氏)


この見解はちょっとどうかと思います。
素養という面で言えば、確かに要領よく受験に対応できる人材は、地頭(じあたま)があると言えるでしょう。
和田氏の他の著作でも、有名進学校には、そういう情報とテクニックの蓄積が、学校にも生徒にあって、それが進学校に進む価値である、といった旨のことが書かれていました。

でも、推薦入試組が、受身でひ弱なタイプ?
本当に、戦略的に考えられる人間は、高校入試の段階で、自分の実力よりも一ランク落とした高校に入学し、そこで優秀な成績を修めて、指定校推薦で一流と呼ばれる大学に入学します。
これが、受け身でひ弱なタイプ?

さらに、ここでは、大学に入ってからの、学生の成長がまったく視野に入っていません。
AO・推薦で入学した学生と、一般入試で入学した学生とどちらが入学後伸びるでしょうか。

一般入試での入学者と比較すると、AO・推薦で入学した学生のほうが、その大学に入りたくてやってきた学生の比率が高いのではないでしょうか。
一般入試で入学してきた学生のほうが、極端に言えば「不本意入学」の比率は高いでしょう。
さて、どちらが、前向きに学生生活を送ることができるでしょうか。

もちろん、AO・推薦で入学者をかき集めている、というのは事実でしょうが、だからといって、そのかき集めた学生を4年間放ったらかしにしているわけではないでしょう。
放ったらかしにしているのだとしたら、それは入試の問題ではなくて、大学の教育の問題です。
要領の良さだけでなく、その人材が伸びる可能性を持っているのか、伸びる方法論を持っているのか、そして学生時代にその実績を認められるかといったところを、合わせて見る必要があるでしょう。


「飛び入学」のメリットをちゃんと考えたい

「飛び入学」人気なし、10年で72人だけ…拡大見送りという記事から。

今春の入学者は10人で、制度開始から10年たった現在までの累計でも72人。当初は「大学改革の起爆剤」と期待されたが、制度を導入した大学も6校にとどまる。高校2年生に限定している対象を拡大するかどうか検討していた文部科学省は、こうした状況を受け、拡大を見送る方針を決めた。


10年で72人も利用したのだからたいしたもんだ、と私は思います。
飛び入学が可能な生徒が、そうそう何人もいたら、それはそれで大変です。

そして、高校は中退することになるので高卒資格を得られない、ということが、17歳頃の生徒にとっては相当な不安になっていることでしょう。
飛び入学の制度だけ導入して、飛び卒業の制度は導入していないのですから、まだまだ評価できる段階ではないでしょう。

起爆剤なんていう期待が間違っています。
やるべきことを当たり前のようにやればそれでいいと思います。
また、大学側も門戸だけ作っておけばいずれ来てくれるはずなんていう考えは甘すぎます。
多くの生徒は、普通に高校3年間過ごしてから大学に行くもんだと思っているわけですから、そこを、わざわざ大学から出向いて、チャレンジしてみませんか、とスカウトしなければいけません。

飛び入学に該当するかどうか、判断基準が曖昧などと言っている大学は、飛び入学を受け入れる資格はありません。
こんな素養を持っている人に来て欲しい、というポリシーをしっかりと持っていれば、迷うことはないと思います。
<<back|<353637383940
pagetop