August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

東北福祉大:ネットリテラシーを身に付けるカリキュラムを強化 について考える

学生とネット情報というと、「SNSで炎上」だったり「レポートをコピペ」だったり、まあネガティブな話題がつきもの。
だからと言って、「危ないから、使わないようにしましょう」では、大学の教育は成り立ちません。
むしろ、正しく使い込なすことで、効率化できたり、創造の手助けになるもの(て言うか、そもそも、そのためのもの)。

入学時のガイダンスなどで注意喚起するといったことではなく、ネットリテラシーに関する授業科目を充実させて、知識・技術としてしっかりと身に付けさせようという動きがあるようです。

ネット情報使いこなそう 東北福祉大がカリキュラム強化」(河北新報)という記事から。
» read more

ソニー:A4電子ペーパー開発、3大学が実験的に導入 について考える

以前、iPadが出始めた頃に、教科書のデジタル化について、取り上げたことがあります。
3大学でiPadを学生に無料配布、紙の教科書は時代遅れになる?について考える

初期のkindleでは「教科書には使えないなー」という印象でしたが、iPadのようなタブレット端末であれば、学習方法そのものを変えることもできそうだという期待がありました。
ただ、授業でフルに使うには、バッテリーの問題もありますよね。

ソニー、A4電子ペーパー開発 358g、3大学導入へ」(朝日新聞デジタル)という記事から。
» read more

大学のFacebookファン数ランキング1位は関西学院大 について考える

昨日のエントリーで、「近畿大:新入生向けにFacebookページを開設、登録者1000人超について考える」という話題を取り上げたばかりですが、また、大学とfacebookの話題。

近畿大は、ある意味、「学生支援」としてのfacebookの活用ですが、当然、広報での活用も考えたいところ。
facebookには個人のアカウントとは別に、企業やサービスの名前でアカウントを運営できるfacebookページというものがあります。
大学のfacebookページも当然あります。その大学のfacebookページにどれぐらい「いいね」がついているか、という調査です。

大学のSNS利用状況…Facebookファン数ランキング1位は関西学院大学」(リセマム)という記事から。
» read more

近畿大:新入生向けにFacebookページを開設、登録者1000人超について考える

学生とSNSというと、「違法行為や迷惑行為を、うかつに投稿して炎上」の方を思い浮かべてしまいますが、本来の人とのネットワークづくり、その中でのコミュニケーションという点では、学生生活を充実させるためには有効なツールのはず。

これまでにも、いろいろと取り上げてきました。
SNSで中途退学防止について考える
金沢工業大 学生同士で教えあうSNSを開発 について考える
入学前からSNSで交流 友だち作りも大学がお手伝い について考える
入学前にネットで「同期会」大学生活の不安解消 について考える

積極的に使っていこうという大学もあるようです。

大学がFacebookで友達づくりを支援 近畿大の新入生専用グループに1000人超」(ITmedia)という記事から。
» read more

就職活動にSNS活用、学生に広がる について考える

このブログでは、学生とソーシャルネットワークサービス(SNS)について、ちょくちょく取り上げてきました。
学生によるいわゆる炎上事件、学生生活や友人関係づくりにどうやってSNSを使っていくか、などなど。
数年前から、SNSを使って、情報を収集したり、交換したり、企業とコンタクトをとったりという就職活動を「ソー活」と呼ばれるようになってきました。

ソー活:就職活動にSNS活用、学生に広がる」(毎日.jp)というい記事から。
» read more

首都圏の5大学調査:つぶやく学生は「自分本位」に?について考える

学生の、SNSとの付き合い方について、これまでに何度も取り上げてきました。
大学生はTwitterを利用したくない?について考える
フェイスブック利用率が最も高い関東の大学はICUについて考える
学生が起こしたソーシャルメディア事件いろいろ について考える
震災後の大学生の友達付き合いの変化「狭く深くつきあいたい」について考える
大学非常勤講師のメディアアーティストが語る「大学生とソーシャルメディア」について考える
大学別フェイスブックユーザー数ランキング早慶東大がトップ3について考える
大学生・院生調査:就職活動に役立つと思うSNS1位はfacebook について考える

おそらく、これでも全部は拾えていないハズ
こんな、ブログなんてやっていますが、私自身は、「LINEって何?」という状況で、新しいものには、確実に乗り遅れています。
この世界は、どんどん新しいサービスが出てきますし、学生も毎年入れ替わっていきますので、状況が目まぐるしく変わっていきますね。

つぶやく学生は「自分本位」に? 首都圏の5大学調査」(朝日新聞デジタル:全文閲覧は要会員登録)にという記事から。
» read more

無料ネット大学のCoursera、有料化で単位認定 について考える

日本から見ると、大学の授業コンテンツのオンライン化、無料化がずいぶんと進んでいるように見えるアメリカ。

特に、話題を目にする機会が多いのが、Coursera。このブログでも2回取り上げています。
無料ネット大学のCoursera、名門12大学の講義を追加 について考える
アメリカ名門5大学が双方向型の無料オンライン授業を開始 について考える

どこで収益をあげようとしているのか注目してきましたが、動きがあったようです。

「ネット大学「有料化」が苦学生を救う 「名門大学の授業を無料で受けられる」で急成長したオンライン大学の次なる挑戦」(ニューズウィーク日本版)という記事から。
» read more

使いやすい大学サイト:大阪府立大が連続1位 について考える

今年の夏に、携帯電話をスマートホンに変更して、バッテリーの消耗と戦いながら、いろいろいじっているわけですが、やはりソフトウェアキーボードには、なかなか慣れません。
ちょっとしたメール程度なら大丈夫ですが、このブログの文章などをスマホで打つというのは、なかなか厳しいものがあります。

ユーザーが新しいデバイスについていくのも大変ですが、大学のHPなどコンテンツを提供する側がついていくのも、やはり大変ですよね。

学生にとって使いやすい大学サイトは…大阪府立大が第1位に」(RBBトゥデイ)という記事から。
» read more

一橋大:図書館コンテンツをiPad用に電子書籍化 について考える

iPadが初めて発表された時には、「これは大学で、学生に使わせるようになるだろうな」という印象を受けました。
教科書になり、ノートになり、プレーヤーになり、ネット端末になり、いろいろな使い方のイメージが広がります。
3大学でiPadを学生に無料配布、紙の教科書は時代遅れになる?について考える

さすがに紙の教科書がなくなるような勢いはありませんが、教育現場でも定着してきているようです。

一橋大学、図書館のコンテンツをiPad用に電子書籍化…館外でも閲覧可能に」(RBBトゥデイ)という記事から。
» read more

名古屋学院大:社会人を対象に無償の英語学習サイトを開設 について考える

まったく自慢になりませんが、英語力は、受験英語の時点から徐々に落ちてきているようなレベルです。
大学周りの仕事をしていて、英語ができてなくても問題ないということは、日本の大学がそういう環境だということなのでしょうね。

私が仕事をしている間に、日本の大学がガラッと変わるようなことがあれば、働きながら、また英語を勉強しなおさないといけませんね。

社会人も楽しく英語…名古屋学院大が無償学習サイト開設」(YOMIURI ONLINE)という記事から。
» read more
<<back|<12345678>|next>>
pagetop