August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

立命館大と豪大学が共同学部設置へ について考える

2015年春にオープン予定の立命館大の新キャンパス「大阪いばらきキャンパス」。
これまでに、総合政策学部と経営学部の移転、心理系学部の新設がアナウンスされていました。
立命館大学:大阪いばらきキャンパス

これに、オーストラリアの国立大との共同設置学部が加わるのだそうです。

立命館と豪大学が共同学部設置へ アジア研究専門」(日本経済新聞)という記事から。
» read more

近畿大、約400億円を投じたキャンパスの大規模整備計画始動 について考える

何かと話題の近畿大。

先日も、近大マグロの産業化の話題を取り上げたばかりです。
豊田通商「近大マグロ」をビジネスに について考える

勢いのある時期に、次の一手を打つのはいいことです。
今度は、国際系学部新設に合わせた、キャンパス整備の話題です。

近畿大、約400億円を投じた大規模整備計画「超近大プロジェクト」始動…2020年完成」(リセマム)という記事から。
» read more

東京工業大:学部と大学院を統一、最短6年で博士号取得 について考える

ある程度のレベルの理工系学部であれば、ほとんどの学生が修士課程に進学するという状況かと思います。

そうなると、4年で学部卒業という一区切りをつけることにどれほどの意味があるのかな?という気もします。
いや、もちろん、意味はあるのでしょうが、最初から大学院に進学して、さらに博士号まで目指すという学生であれば、どんどん高度なレベルを先取りしていくこともできるのではないのかなと思ったりもするのです。

東工大、国内で初めて学部と大学院を統一−一貫教育体制構築、最短6年で博士号取得」(日刊工業新聞)という記事から。
» read more

東北の医学部新設に宮城県など応募 について考える

これまでにも、何度も取り上げてきた、東北で1大学のみ認められる医学部の新設。
最近、早くから名乗りを上げていた東北福祉大が計画を断念しました。
東北福祉大、医学部を断念…運営難の見通し」(YOMIURI ONLINE)

この状況を受けて、宮城県が計画を引き継ぐ形で構想を提出したそうです。

東北新医学部に宮城県など応募=夏までに候補選定−文科省」(時事ドットコム)という記事から。
» read more

東京理科大:マハティール元首長を招聘し、マレーシアに新大学を構想 について考える

大学のグローバル化・国際化を考える時に、海外から教員や留学生を集めること、学生を海外に派遣することはよく話題になります。

でも、視点を変えれば、日本の大学が海外に進出することだって、国際化・グローバル化とも言えます。

東京理科大、マレーシア元首相マハティール氏を招聘し新大学を構想」(サーチナ)という記事から。
» read more

金沢星稜大:新学部設置、Web出願導入で地元以外の志願者を掘り起し について考える

地方で、文系で、小規模で、難易度も高くない・・・とても有利とは思えない条件ながら、就職支援などで、たびたび取り上げられる大学の一つに、金沢星稜大があります。
金沢星稜大:親子で就活、内定9割 について考える
金沢星稜大:就活クルーズで逃げ場ない厳しさ体感について考える

その金沢星稜大に、新しい学部の計画があるようです。

金沢星稜大、学生集め全国から 「ウェブ出願」導入」(日本経済新聞)という記事から。
» read more

神奈川県:国際的医療人材を育成する米大医学部を誘致 について考える

TPP参加について、日本医師会は国民皆保険制度の崩壊を理由に反対をされています。

もちろん、それは大きな問題なのですが、「医療そのもの自由化」につながっていくという懸念はないのかな?と思っています。
つまり、日本の医師免許を持っていれば、アメリカでも医療行為を行うことができ、その逆も可というもの。

もちろん、そのためには、医師養成の制度や、免許制度など、共通の基準を満たすような大掛かりな改革が必要になりますが。

神奈川県、米大医学部を誘致 国際的医療人材が集積」(日本経済新聞)という記事から。
» read more

慶應義塾大経済学部:全授業英語の秋入学コース開設へ について考える

東京大が、秋入学への移行を打ち上げて以来、各大学でもさまざまな検討があったようです。
言いだしっぺの東京大が、完全にトーンダウンしてしまったので、最近はあまり話題にも上がることはなくなりました。
留学生を中心に募集するような入学枠として、一部の大学・学部での導入程度に終わっています。

という状況でしたが、慶應義塾大の経済学部で100人という規模で、秋入学を実施するそうです。

慶大経済学部、秋入学コース開設へ…全授業英語」(YOMIURI ONLINE)という記事から。
» read more

東北地方の新医学部2016年4月開設へ先送り について考える

東北地方に1大学限定で予定されている医学部の新設。

いくつか名乗りを上げる大学がありましたが、現在、東北薬科大と東北福祉大の2大学の計画が生き残っています。
東北薬科大:医学部新設へ について考える
仙台厚生病院、医学部新設で東北福祉大との連携に一本化 について考える

当初は、来年4月の開設を予定されていましたが、準備が間に合わないということで、先送りになるようです。

東北地方の新医学部、先送りへ 来春開設「間に合わぬ」」(朝日新聞デジタル)という記事から。
» read more

戦略特区で国際医学部、1校限定で新設検討へについて考える

医学部新設問題。

東北に1大学という話は、これ↓で話が進んでいきそうです。
仙台厚生病院、医学部新設で東北福祉大との連携に一本化 について考える

その他の地域はどうなるのだろうと思っていましたが、まだ検討は継続しているようです。

世界リードする人材育成「国際医学部」新設検討」(YOMIURI ONLINE)という記事から。
» read more
<<back|<1234567>|next>>
pagetop