August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

複数の大学の授業をネットで無料配信 について考える

先日の、サイバー大学のエントリーに続き、e-ラーニングの話題です。

複数の大学から提供される講義を、無料でネット受講可能というものです。

先日のエントリーでは、サイバー大学のインフラを、他の大学にも利用してもらって、相互乗り入れのようなことができるのでは?と提案しましたが、すでに、同じインフラを複数の大学で利用しているコンソーシアムがあったんですね。

ネットで誰でも“大学生”「産経eカレッジ」開講』(イザ)という記事から。
 実際の大学の講義を、いつでも誰でも簡単に−。複数の大学教授の講義を無料でネット配信するeラーニング事業「産経eカレッジ みんなde大学」(産経新聞社主催、NPO法人CCC-TIES共催)のサービスが5日、期間限定でスタートした。大学進学を希望する高校生から、「学び直し」ニーズの高い中高年層まで、幅広い利用を見込んでいる。(後略)

確かに高校生が見ても、面白そうなテーマもあります。
学びへの関心を高めるコンテンツとして、なかなか面白そうなテーマもあります。

このようなシステムの使い道の一つとして、「入学前教育」というのがありますね。
AOや推薦で早くに合格が決まってしまうので、入学前になんらかの課題を出すといったことを、多くの大学でされています。
それに、このようなe-ラーニングを組み合わせるのは相性がよさそうです。

また、このように授業が公開されるようになると、誰の目にも触れることができるわけですから、先生方も恥ずかしくない授業をしようと、自然と努力されるでしょう。
授業の質が高くなることが期待され、FDとしても、効果が高そうです。

果たして、「古武術演習」をどうやってe-ラーニングで実現するのか?
期間限定だそうですので、興味のある方はどうそ。

産経eカレッジ みんなde大学
pagetop