August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

予算減で学術雑誌が買えない について考える

大学の予算減が、いろいろなところで、影響が出てきているという話。

私達のように大学の外の人間にとっては、なかなかうかがい知れないところですが、先生方にとっては切実な問題であろうことは想像できます。

「学術雑誌」というシステム事態が、このままでいいのでしょうか。

大学が学術雑誌買えない』(YOMIURI ONLINE)という記事。
値上がり、予算減で 研究に影響懸念
 学術雑誌の価格が高騰して、大学が購入を取りやめる事態も起きている。

 「大学や独立行政法人が悲鳴を上げている。重要な情報源が維持できない」。4月10日の総合科学技術会議で、金沢一郎・日本学術会議会長は福田首相に窮状を訴えた。

 山口大の図書館は昨年末、雑誌を扱う出版社シュプリンガーとの購読契約を打ち切った。千数百万円の経費削減となったが、約1300の電子雑誌が読めなくなり、研究者の個人購読に切り替えた。理系、文系を問わず、過去の成果や最新の動向を知ることは研究の第一歩。学術雑誌が読めなくなれば、その基盤が損なわれかねない。丸本卓哉学長は「買いたくても買えない。研究の根幹にかかわる」と危機感を募らせる。(山田哲朗)
(後略)

まず、学術雑誌自体、それほどの数が売れるわけではないので、そもそもの値段が高いというのは理解できます。
でも、買えないぐらいに値上がりしてしまったら、ますます部数は出ないわけで、それはそれで出版社の方も困るでしょう。

そもそも、学術雑誌という媒体は必要なのでしょうか。

以前、機関リポジトリのことを調べたことがあったのですが、学術雑誌に掲載された論文をリポジトリに掲載するためには、出版社に許諾をとらないといけないというのがどこかに書いてありました。
著作権を出版社に譲渡してしまっているんですね。
しかも、原稿料をもらえないどころか、掲載料を払うということも聞きます。
これが、普通なのでしょうか。世間一般の感覚では、大いに違和感を感じます。

そんな学術雑誌の権威を支えているのは、査読です。
査読があるからこそ、そこに掲載されることが評価され、研究者の実績になるということですよね。

その問題をクリアできれば、学術雑誌というメディアはなくてもよいということになりませんか。

思いつきですが、
各大学、研究機関が共通のフォーマットで機関リポジトリを作る。
そのリポジトリを横断的に利用できる、オープンなデータベースを作る。
各大学から選出された、研究者が、ピアレビューの形で、評価をする。
そんなことはできないのでしょうか。

海外の大学は、学術雑誌の値上げも問題にならないぐらい予算が潤沢なのでしょうか。
であれば、足並みが揃わないので厳しいですね。

comments

学術雑誌の権威を支えているものには、査読のほかにインパクトファクターがあります。これは、その論文が他の論文に引用されている数を表します。良い論文、そして良い論文が掲載される学術雑誌は多くの研究者に引用されることを仮定すると、論文雑誌の優劣はインパクトファクターで評価することができます。その結果、研究者たちは高いインパクトファクターを得た学術雑誌への論文掲載を目指すようになり、「強い」学術雑誌はますます強くなります。

オンラインジャーナル化が進み、研究者のホームページにリンクを張ってもらえない学術雑誌はますます衰退してゆきます。ある学術雑誌の編集委員を務めたことがありますが、インパクトファクターを向上させることと、有料購読者を増やすことが議論されていました。

リポジトリで研究発表をすることは良いことだと思いますが、現状でも多い査読依頼がさらに増えるとつらいかもしれません。

どうやら学問もカネの時代になったようです。研究を心から楽しめた頃をなつかしく思います。

  • 2008/06/20 7:10 PM

公立大学法人でも、運営費交付金にはきびしいものがあり、大学図書館では、毎年、どの雑誌を継続購入するかについてきびしい検討を迫られています。インパクトファクターは、これまで主に、医学系や理系の専門誌での主な関心でしたが、この頃は、人文系の雑誌でも、それを意識し始め、編集方針も変えつつあるところもあります。
もう一つ、余り話題にはならないのですが、研究者個人としては、さまざまか学会の年会費の上昇も苦慮する点です。年間1万円〜1万5,000円という金額はざらにあります。さらにそれに追い打ちをかけるのが、新しい学会が結構創設されるということです。私立大学の中には、学会誌を大学のものとする引き替えに、個人研究費から年会費を払ってよいところもあるようですが、いずれにしても研究費も苦しいのですから、メリットとは言い難いと思います。
前のコメントを寄せられた方と同様に、“学問の沙汰も金次第”という時代になってしまったように思います。何とも世知辛い世の中です。

最初に投稿いただいた方、mamekichiさん、コメントありがとうございます。
このエントリーについては、きっと”中の人”からコメントがつくだろうと期待していました。ご協力ありがとうございます。
 各研究者が、出版社との契約で、自分の論文を自由に発表する権利を保持することで、なんとか、学術誌の権威とオープンアクセスを両立させることはできないでしょうかね。

  • kange
  • 2008/06/23 4:24 PM
twitter    

trackback

pagetop