October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

金沢工業大 コピペレポート検出ソフトを開発 について考える

レポートをまるまる書き写しというのは、昔からあった問題です。

ネットの時代になって、書き写しが「コピペ」という形で楽になった分、それを見抜くのも楽になるということでしょう。

読んでいれば、学生の文章かどうかは、だいたい判断できるという先生もいらっしゃいました。
もともと提出されたレポートはじっくりと読んでいただかなくてはならないので、先生の手間はあまり減らないような気もします。

コピペしたリポート、ばれちゃうぞ 検出ソフト開発』(asahi.com)という記事から。
 インターネット上の公開情報を引き写しただけの「コピー・アンド・ペースト(コピペ)」でないかをチェックするパソコンソフトを、金沢工業大学教授が開発した。コピペは学生のリポートなどで横行しているとされ、先生らには朗報になりそうだ。 (山口智久)
(後略)

仕組み自体は、データマイニンングなどに使われている、すでにある技術を応用しているだけなので、それほど難しいものではなさそうです。

ただ、大学として考えなければならないのは、レポート・論文を書く技術をちゃんと教えているか、ということ。
入学してすぐに、アカデミックスキルとして教えている大学もあるようですが、一方的な説明だけではなく、訓練までできているでしょうか。
このあたりの問題に関しては、こちらのエントリーでも書いています。
卒論代行業者について考える
東大 読解力育成ソフトを公開 について考える

高校までに、そういう訓練を経験している学生は少ないでしょうから、ここはやはり大学の仕事です。

そして、もう一つ。
コピペでは対応できないような課題を出すということ。
例えば、
・複数の素材を提示して、それぞれを比較検討するような課題。
・具体的な事例に対して、今回の講義で扱った考え方を用いてアプローチする課題。
といったやり方はありますよね。

と、ここまで書いてきて、もっと根本的な問題があるのではないかと思えてきました。
なぜ剽窃をするのか?という学生側の理由にもっと注目しないといけないのではないでしょうか。

「面倒だから」「時間がないから」あるいは「この科目は単位さえ取れればいいから」という理由であれば、実はまだマシなのではないかとも思えます。結果的に学生の身にならないだけなので、自業自得だと。

でも、「レポート課題には正解があるから、それを探せばいい」と思っているのだとしたら、これは大学で学ぶことそのものに対する意識が間違っていることになります。

教員の方などは学生と接していて、どのように感じているのでしょう?
pagetop