May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

大学の成績は1年次で決まる? について考える

学生時代、ある企業の役員面接で「成績悪いけど、勉強してたの?」という質問を受けたことがあります。

そこそこ経験を重ねてきた今なら、「学年ごとのAの比率を見てください。学年が上がるにつれAの比率が高くなっています。少し時間はかかりますが、結果は出せるというところを評価してください」ぐらいのことは言えますが、若き日の私は、オロオロしてしまいました(そもそも、そんなに成績が悪いとも思っていなかったし)。

私の場合、成績が上がったというより、大学での学習に慣れただけというのが実感でしたが、そうやって成績が伸びる学生は、少数派だという調査結果があるようです。

大学成績 1年で決まる? 卒業時と一致 東京理科大調査(毎日新聞)という記事から。
 大学卒業時の成績は1年終了時の成績とほぼ一致し、入学試験の結果とは相関関係がみられないことが、東京理科大学(東京都新宿区)が同大の学生を対象に実施した調査で明らかになった。担当した山本誠副学長は「特に1年の6月第1週の出欠状況が、その後の学生生活を左右する」と話している。(後略)【上杉恵子】

「大学1年次の成績と卒業時の成績に相関がある」
まあ、全ての学生が同じように成長していっていると考えれば、決して悪い話ではありませんが、1年次の成績差が学年が上がるにつれ広がっていくのだとしたら、これは問題ですね。

こうやってエビデンスが出てくると、新入生をきっちりと大学での学習に導入することが、いかに重要かということが、よく分かります。
記事にあるように、理系が積み上げということであれば、土台が築けなければ上物を建てることはできません。
ただ、初年次の教育に関しては、全学組織が受け持っていて、学科・専攻の先生が関わるところは少なかったりするんですよね。
分野にもよりのでしょうが、このあたりの連携はポイントになりそうです。

ところで、この調査から、一つの大きな疑問が出てきます。
それは、「入学試験の結果とは相関関係がみられない」というところ。
ならば、入試で不合格になった受験生の中に、大学でよい成績をとれる生徒がいたのでは?ということ。

残念ながら、不合格になった受験生の大学入学後の成績を追跡することはできないので実証することはできませんが、選抜方法が今のままでいいのかという議論のスタートにはなりますよね。
pagetop