November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

文科省「スーパーグローバル大」構想に不満続々 について考える

構想が発表されたときから、その名称について失笑混じりで話題になっていた「スーパーグローバル大学」

10大学に100億円補助で、世界ランク入りを支援 について考える
スーパーグローバル大学創成支援、37校を採択 について考える

当初から、お世辞にも筋のいい施策とは思えなかったわけですが、早速、各大学から不満の声が上がっているようです。

文科省「グローバル大」構想に不満続々 「まるで詐欺」(朝日新聞)という記事から。
石山英明
 大学の国際競争力強化を狙った「スーパーグローバル大学」(SGU)構想。文部科学省の肝いりで始まったが、選ばれた大学が不満を募らせている。国の支援が想定より少ない上、予定していなかった仕事も次々発生しているからだ。

 「これじゃまるで『SGU詐欺』だ」。東日本の大学トップは「びっくりするほど支援の額を値切られた」と話す。

 SGUは世界に通用する研究や国際化を進める大学を重点支援するため、文科省が2014年に募集。104大学が計画を提出し、37大学が選ばれた。「世界ランキングトップ100を目指す力のある大学」(タイプA)は最大で年5億円、「グローバル化を牽引(けんいん)する大学」(タイプB)は最大年3億円を、それぞれ最長10年間支援する。

 だが、15年度の平均支援額は、タイプAが2億8800万円、タイプBは1億3100万円。1億円未満も5大学あった。「あれだけぶち上げておいてこれか。文科省は風呂敷を広げすぎ」(西日本の大学幹部)。「今も納得していない。でも、『文部科学省さま』に文句は言えない」(関東の私大の担当者)。さらに、各大学への交付額は未公表で、「あの大学はうちより少なかったようだ」などと臆測が飛び交う。(後略)

予算規模を盛った文科省、事業計画を盛った各大学、タヌキとキツネというところでしょうか。

先日、東大に訪問した際に、こちらの企画のポスターを見かけました。
東京大学フォトコンテスト〜「グローバルキャンパスモデルの構築」&「ビジョン2020」〜を実施します!
たいした額ではないのかもしれませんが、このようなことにスーパーグローバル大学の予算が使われているのだとしたら、うーん…。
まあ、少なくとも、東大には十分な補助金が配分されているということなのでしょう。

国立大は、そもそも交付金が減らされているので、このような補助金事業に応募しなければ、ただ予算が減らされるのをじっと耐えるだけになってしまいますから、応募せざるをえないという事情はあるかと思います。

しかし、そのために、どんどん新たな仕事が増えていったのでは、何のための補助金なのか分からなくなってしまいます。

私立大は、補助金事業に採択されることが、国からのお墨付きになり、学生募集面で有利に働くといった期待もあるのかもしれません。

でも、補助金事業が始まってから取り組むというのは、遅くないですか?
日本の教育行政って、ちゃんと将来を見据えて、手を打ててますか?
問題が明らかになってきてからの対処療法になっていませんか?
それに、さらに後からついて行くのですか?

補助金事業があろうがなかろうが、その大学にとって必要な施策は自前でやる。そして、実績を作る。
それが、たまたま国が求める方向性にマッチしていて、補助金事業になったら応募して、採択されれば予算上乗せで、さらに加速させる。
それぐらいでないと、振り回されるだけ振り回されて、中途半端な成果しか出せずに、かえってイメージが悪くなってしまいそうです。
pagetop