September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

日本大:巨人のオフィシャルスポンサーに について考える

もともと大学の広告の仕事をしていましたので、テレビを見ていても、街中を歩いていても、大学の広告にはついつい目が向いてしまいます。

春の甲子園のシーズンですが、スタジアムに広告を出している大学もありますよね。
あの手の広告って、ホントに効果があるのだろうか、ちょっと疑問だったりもします。同じ費用を使うなら、もっと別のところに使った方が…と。

やるなら、ただ名前を露出するだけではなく、広告を出すことそのものが話題になるぐらいのことをしたいですね。

巨人、日大がスポンサーに 大学との契約は初めて(日刊スポーツ)という記事から。
 巨人は24日、日大とオフィシャルスポンサー契約を結んだと発表した。球団によると、大学とのオフィシャルスポンサー契約は初めての試みで、スポーツ振興や若年層のファンの開拓を目指す。(後略)

大学からのリリースはこちら
日本大学が読売巨人軍のオフィシャルスポンサー

東海大のイメージが強い原監督時代ならば、実現しなかったことかもしれませんねぇ。

大学がスポーツチームのスポンサーになるという話は、Jリーグではよく見る気がします。
J1ではないかもしれませんが、下部リーグであれば、国立大がスポンサーになっている例もあります。
徳島ボルティスを例にとると、国立の徳島大、鳴門教育大をはじめ、四国大、徳島文理大と、県内の4大学すべての名が連なっています。
徳島ボルティス スポンサー

Jリーグは野球以上に地元密着を謳っています。
そこが地域への貢献を使命とする大学との相性がよいのかもしれません(経営規模が小さいので、小口のスポンサーには参加しやすいというのもあるでしょうが)。

ということは、野球も、地域スポーツクラブ化してきたのでしょうか?
日大のいくつかの学部は、JR水道橋駅を挟んで東京ドームの反対側にありますから、「地元企業と連携」と言えなくもないのですが、日大と巨人では、どちらも「日本全国がフランチャイズ」という感じですよね。

「スポーツ科学部新設を機に」ということであれば、スポンサーというよりも、パートナーとして活動できるといいですね。

バファローズは、大阪産業大や摂南大と、教育で連携しています。
大阪産業大学 人間科学部 スポーツ健康学科
オリックス野球クラブ(株) (オリックス・バファローズ)と協定を締結
摂南大学 経済学部
オリックス・バファローズに学ぶ経済学

在学生の観戦にとどまらず、フィールドワークの場であったり、就業体験の場であったり、できることはたくさんありそうです。
pagetop