July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

明治大:職員も国際化へ、海外での留学・就労体験型研修 について考える

大学の国際化ということで、外国籍の教員を増やしたり、留学生を増やしたりすると、当然、彼らの面倒を見る大学職員も国際化が必要になってきます。

そんな話題を、この辺りで取り上げています。
大学の国際化対策、職員も英語研修 について考える
国際教養大学のような大学が、他大学に対して職員研修プログラムを提供できるのではないか、ということを書いているわけですが、まだまだ日本国内では出来ることに限界がありますから、手っ取り早いのは海外の大学に職員を派遣するというタイプの研修ですよね。

大学職員も国際化へ -- 明治大学が海外での留学・就労体験型研修を実施、8月25日〜9月3日、カリフォルニア大デービス校で(SankeiBiz)というリリースから。
グローバル化が進む中、留学生の受け入れ、海外校との協定、外国人教員支援など、大学職員が外国語で対応する業務は日増しに多くなっている。こうした中、明治大学は大学の国際化を担う人材を育成するため、8月25日〜9月3日、職員を海外に派遣し、現地で先端的な取り組みを学ぶ研修を実施する。(後略)

語学研修ではなくて、大学運営を学んでくるということですね。
今後、海外からの教員・留学生が増えていくと、運営面でも海外の大学でのスタンダードとのすり合わせのようなものが必要になってくるのでしょうね。
こういう取り組みが、どんどん増えていくのでしょう。

面白いのは、このことを、リリースとして配信しているということ。
普通は、ただ「職員研修します」なんてことを、外部に向けて報じたりしませんよね。
つまり、大学として「これはアピールになる」と判断しているということです。
実際は、私もこうやって取り上げているわけですから、期待される効果はあるのでしょう。

少し気になるのが、この対象が「20代〜30代の若手職員」となっていること。
また、TOEICの受験を義務付けられているのも、入職1〜3年目の職員とのこと。

マネジメント層は、どうするのでしょうか?

職員も、それぞれの階層で国際化が必要なはず。

窓口業務ならば確かに若手職員が中心になることでしょうが、例えば、他の大学と連携協定を結ぶだとか、新たな学部を作るだとか、そういった仕事は、マネジメント層の役割が大きいはず。

そのあたりの研修は、また別に実施ということ、なんですよね。
pagetop