March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

企業から内定学生に大学の推薦状要求相次ぐ について考える

「ハラスメント」という言葉が多用されることに、ちょっと違和感があったりします。
「それって、ハラスメントなんてものじゃなくて、暴行じゃないの?」とか、「それは脅迫でしょ」なんてものまで、「ハラスメント」とひとくくりにされることのマイナス面もあるのではないでしょうか。

最近では、「オワハラ(就職活動終われハラスメント)」なんて言葉もあるそうで、問題をみんなの目に触れるようにする効果はあるのでしょうが、それで見えなくなるものも出てきそうで、心配です。

就活オワれハラスメント? 企業から内定学生に「大学の推薦状」要求相次ぐ」(産経新聞)という記事から。
 学生に内々定が出される「採用時期」が、前年の4月1日から8月1日以降に遅らされた大学4年生の就職活動。ところが、水面下で内々定を出した中堅企業が、学生に「大学からの推薦書類」の提出を求める動きが出ている。企業側が内定者に逃げられないよう、大学を巻き込んで圧力をかける「オワハラ」(就活終われハラスメント)とも指摘される。「提出しないと内々定を取り消されるかも」という学生の不安の声に対し、大学側は対応が分かれている。(木ノ下めぐみ)(後略)

「オワハラされるだけマシ」と、まだ内々定の出ていない学生の声が聞こえてきそうな気がしますが…。
それは、ともかく。

内定取り消しを匂わせて、他社との接触を妨げるのであれば、ハラスメントというより、強要ということになるのではないでしょうか。

学生本人だけでなく、大学を絡ませて、身動き取れなくさせるという点では、昔から話に聞く「この場で、他社に断りの電話を入れたら、内定出すよ」なんていうのよりも、陰険です。

「オワハラ」という言葉が流通することで、こういった行為が、法律的に見ても、倫理的に見ても、許されることなのか議論されるようになるのであれば、意味のあることですね。

でも、これまでにも理系の自由応募での選考の過程の中でも、推薦状の提出を求めるということはありましたよね。
さらにもっと昔、バブル時代の、内定者の拘束と、それを以下に学生側がかいくぐるかというエピソードは、面白おかしく語り継がれてきました。

もちろん、「本当に第1志望。もうこれで就職活動が終わり!」ということであれば、喜んで推薦状を用意すればいいのですが、推薦状の提出を強要する企業というのは、おそらく内定辞退率が高い企業ということでしょう。

ということは、企業側に問題があるのか、学生側に問題があるのかは分かりませんが、その企業への入社意欲が低い学生にも内定を出しているということでもあります。
選考の過程で、両者の理解が進んでいないのに内定が出てしまっているということです。

内々定を得た学生にとっては、そういう会社に入社してしまって、本当に大丈夫なのか? 自分のことをちゃんと理解してもらってるのか?ということは、改めて考えておく必要はありそうです。
pagetop