August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

大学受験生の間で大流行の学習アプリについて考える

高校生が、当たり前のようにスマホを持つようになると、当然、それを使って学習を、という話になります。
高校生スマホユーザーの6割が勉強に利用 について考える
大学受験対策もスマホで ICTで変わる学習スタイル について考える
これまでも、何度か取り上げてきましたが、単純に紙の問題集や参考書をデジタル化して、表現をリッチにして楽しく、分かりやすくというだけでは、学習法そのものはこれまでと変わらない。もっと、学習の進捗を管理したり、生徒同士がゆるく連帯感を持てるようなものが欲しい、と書いてきました。

まさに、そんなアプリが登場して、生徒にも人気だそうです。

大学受験生の間で大流行 国産教育アプリ誕生秘話」(日本経済新聞)という記事から。
 国内普及率が5割に達したスマートフォン(スマホ)。そこで動くアプリ(応用ソフト)も成熟の時を迎えている。アップルがこのほど優れたアプリを表彰する「Best of 2014」を発表したが、その顔ぶれは多彩。2008年に「iPhone 3G」が発売されて6年がたち、スマホが消費者の生活に深く根ざしたことの証明といえるのが教育関連のアプリの充実だ。24本のうち5本が勉強などに役立つもので、同時に発表したタブレット(多機能携帯端末)向けの表彰でも教育関連アプリが4本ランクインしている。開発者はどんな心意気で教育アプリの開発に臨んでいるのか。国産で「ベスト」の称号を得たスタディプラス(東京・渋谷)を訪ねた。(後略)

スタディプラス

ざっくり言うと、
・勉強時間を記録、グラフで可視化して、自分で管理
・同じ目標を持つ生徒とつながるSNS
シンプルですが、いいですね。

元のアイデアは、ランニング管理の「Nike+」でしょうか。同じ「プラス」ですし。
ランニングという、基本的には孤独な作業を、他のランナーとつながることで、競い合い、励まし合いながら、目標の達成まであきらめずに続けられるというもの。
確かに、受験勉強とも似たところがあります。

もちろん、勉強時間が長ければそれでいいというわけではありませんが、まずは学習習慣を定着させることが重要。

高校では、一週間分の家庭学習時間の記録させて、それを先生が集めて入力して管理しているような学校もあります。
それを、生徒の手で全部やってしまおうということですね。

どんな教材を使っているかも登録するということですから、これからデータを蓄積していけば、「○○大学に合格した人は、どの参考書をどの時期にどれぐらい使っていたか」といった分析もできますね。
pagetop