August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

大学ポートレート(私学版)一般公開 について考える

先日、以下のようなエントリーを書きました。
大学データベース、私大が先行公開 について考える
公開される項目などから、あまり期待はできないと感じていました。
このエントリーの時点では、まだ稼働していなかったのですが、10月6日から一般公開されたようです。

大学ポートレート(私学版)一般公開、特色や取組みから検索」(リセマム)という記事から。
 私学事業団は10月6日、大学ポートレート(私学版)の一般公開を開始した。私立の大学、短期大学、高等専門学校を目的やフリーワードのほか、学校の特色や取組みなどの条件から検索できる。《工藤めぐみ》(後略)

サイトはこちら
大学ポートレート(私学版)
これは、「う〜ん・・・」

少なくとも、ユーザーが使用する場面を想定して作ったとは、思えない。
情報の量は、思っていたよりも多いとは思います。
定量的なものだけでなく、わざわざ文章で説明されている情報も多いです。

ただ、最大の問題は、「比較して見ることができない」というところ。

また、基本は大学単位で検索するようになっています。
もちろん、学部単位でも検索できるのですが、学部単位だというのに、学部系統、分野で絞っていくことができない。

発信する側としては、もう、見せることよりも、以下に情報を載せるか、更新していくかに集中した方がよいような気がします。

技術的なことは分からないのですが、このデータベースへのアクセスをオープンにするということはできないのでしょうか。「更新はできないけど、呼び出しはできる」ような。

そうすれば、いろいろな事業者が、このデータベースを使って、受験生の立場に立ったサービスを開発してくれるのではないでしょうか。
pagetop