August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コピペ判定ソフト導入の大学、研究機関が急増 について考える

以前、大学生のレポートのコピペ問題が、よく話題になった時期がありました。
簡単にコピペができるということは、逆に見破ることも簡単にできるはず、ということで、次のような話題も紹介したことがあります。
金沢工業大 コピペレポート検出ソフトを開発 について考える

そして、ここのところのSTAP細胞論文問題を受けて、再びコピペ論文問題が注目されているようです。

コピペ判定ソフト導入の大学、研究機関が急増」(msn産経ニュース)という記事から。
 他人の論文やホームページの文章をパソコンなどを使って無断で丸写しするコピペの問題は理研のSTAP論文だけでなく、多くの大学などでも深刻化している。コピペを見破るソフトを導入し、対策に本腰を入れる研究機関が急増している。
 日本初のコピペ判定ソフト「コピペルナー」を販売するアンク(東京都新宿区)では、1日数件だった問い合わせがSTAP論文問題以降、十数件に増加し対応に追われている。(後略)(伊藤壽一郎)

最初に紹介した時点から、ずいぶん時間が経っていますから、ソフトの方も進化しているのでしょうね。

まず整理しておかないといけないのは、学生が授業で課されるようなレポート課題と、学位論文では扱いは違うということ。

もちろん、剽窃がNGなのは共通。

でも、学生のレポートのレベルであれば、引用すべき文献の引用すべき個所にたどり着いているだけでも、意味のあることだと思います。
正しくコピペする=引用するということを、技術として身に付けることがまず最初ですよね。
その技術をちゃんと身に付けていない学生を検出するためには、有効なソフトかもしれません。

ただ、卒論や学位論文については、このソフトは使わなくても大丈夫ですよね。
少なくとも、指導担当の教員は、それまでに指導を繰り返しているのですから、学生がどんな文献に当たっているのかは把握されているはずですよね。

ソフトの導入について明かす大学が少ないのは、「学生を信用していない」との批判を避けるためではなく、「丁寧に指導していません」と告白することになるからということだったりする、というのは邪推でしょうか。

もちろん、査読依頼がたくさんありすぎるから、まずはコピペ検出ソフトでスクリーニング、という使い方もあるかと思いますが。

comments

「正しくコピペする=引用するということを・・・・」という記述がありますが、
コピペと引用とは、その意味合いが全く違うのでは?

  • +P
  • 2014/04/24 12:04 AM

はい、違います。
そのことを、書いています。

  • kange
  • 2014/04/24 11:43 PM
twitter    

trackback

pagetop