August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

山形の新種イチゴを使ったジャムを試してみて考える(大学ネタではないです)

いつもの、AMNさんを通して、ニッポンセレクト.comさんのサンプリングキャンペーンに参加しています。

ニッポンセレクト.comさんが扱っている、各地の特産物から一品をプレゼントというものですが、我が家に届いたのは、こちらの商品です。
パッケージ
山形の、サマーティアラという新種のイチゴを使ったジャムです。
イチゴといえば、冬から春のイメージだと思いますが、なぜか品種名に「サマー」が入っています。
どうやら、夏・秋にも収穫が可能な新種らしいです。
ボトル
色味はずいぶん鮮やかです。
よくスーパーに並んでいるジャムは、黒く濁ったものが多いのですが、こちらはハッキリと「赤」。
原材料は「いちご、砂糖、ゲル化剤(ペクチン)、酸味料」
ペクチンはとろみを出すための食物繊維ですね。酸味料はクエン酸かな?
保存料や着色料は使われていないようです。 
トーストに塗ってみた
トーストに塗ってみると、こんな感じ。
イチゴの形が残っているものもあります。

もともと光沢のある鮮明な赤というのが、この品種の特徴のようですから、恐らくその特徴をジャムにも活かしたかったのでしょう。
砂糖の量や煮詰める時間は最低限にしているものと思われます。
(その分、賞味期限は3か月ということで、保存は期待できません)


ということで、食べてみると、「酸っぱーい!」
ジャムというより、「コンフィチュール」として売られているものに近い感覚ですね。

トーストやヨーグルトなどと合わせるよりも、生クリームやパンケーキなど、甘いものと組みあわせることで、コントラストの強い、面白い味のコンビネーションになりそうな気がします。


ごちそうさまでした。


pagetop