August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2012年11月のアクセス数について考える

12月です。今年もあとひと月になってしまいましたね。
ここ数日、いきなり寒くなって、もう完全に「冬」ですね。
空気が乾燥してくると、心配になってくるのがインフルエンザですね。
うちの家族も予防接種に行ってきました。
受験生の皆さんも、追い込みの時期になってきますから、充分に注意してくださいね。

それでは、いつものように11月のアクセス状況です。
JUGEMのアクセス解析では約78,000PV。お、先月に引き続き、なんだか増えてますよ。
GoogleAnalyticsでも、約17,000セッションと訪問者数は決して多くはありませんが、ページビューは約25,800PVと伸びています。
初めて、ご覧になる方が多かったのでしょうか・
ありがたいことです。

では、いつものように、アクセスの多かった記事を見ていきましょう。
第1位:「大学生協が焼きプリン4000個を誤発注も、学生ツイートで完売 について考える
アクセス数1位のエントリーが、これほど緩い話題がったことが、これまであったでしょうか?
一般的には、いい話ということになっているかと思いますが、どうも、深読みしてしまうというか、ひねくれているというか。
実際、炎上マーケティングならぬ、同情マーケティングという言葉もあるようですからね。

第2位:「西大和学園が大阪・吹田に大学新設 について考える
これは、ちょっと前のエントリー。微妙なタイムラグですね。
もしかしたら、大學新設ということで、例の3つの新設大学の不認可の騒動に絡んでのことでしょうか。
では、文部科学大臣的に言うと、これも宣伝になってよかったですね。

第3位:「三重中京大と短大廃止へ について考える
先月に続いて、今月もアクセス数が多かったということで、単に大学野球の話だけでもなさそうですね。
閉校に向けて、いろいろと話題もあるでしょうから、これからもしばらくは影響があるかもしれませんね。

第4位:「田中文科相:審議会の答申を覆し3大学の新設を認めず について考える
先に、話題に出してしまいましたが、今月はこの話題が1位かと思っていました。
まあ、いろいろなところで議論になっていましたから、わざわざこのブログに来なくてもよかったでしょうからねぇ。
ただ、「確かに日本の大学は多過ぎる」なんて、この1件だけで、完全に日本の総意になってしまうのは、なんだか恐ろしいことだと思いますよ。

第5位:「文科省:20〜30大学を研究力で選別し重点助成について考える
この手の施策は、もともと国から多くの予算を与えられている大きな大学にとってはよい支援策なのかもしれませんが、やはり小さな大学、地方の大学にとっては、理不尽なシステムのような気がします。
結果的に、特色を出すことを妨げていることになっていないでしょうか。
いや、それをしたければアンブレラ方式で統合せよ、というメッセージなのでしょうか?

ところで、ちょっと前から、右のカラムに、amazonの高等教育ジャンルの書籍ランキングを掲載するようにしました。
普段からエントリーの形で紹介している、新刊書籍のお知らせとあわせてご利用ください。

では、今年もあと1ヶ月よろしくお願いします。
pagetop