August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

佐賀大:オープンキャンパスにAR技術を活用 について考える

もともと広告の仕事をやっていましたので、新しい技術をどう広報・広告に活かすか?ということについては、興味を持っていつも見ています。

ただ、自分のデバイスが追いつかないので、なかなか体験できません。
スマートホンや、タブレット端末なども持っていませんので、AR(拡張現実)もまだどれほどのものかわかりません。
そうこうしている間に、大学が広報でAR技術を使い始めました。

学生の顔タグ、動くポスターで大学案内――佐賀大学がオープンキャンパスでAR活用」(ITmedia)という記事から。
 佐賀大学は、オープンキャンパスに「セカイカメラ」「junaio」などのAR技術を活用すると発表した。
 8月10日に開催されるオープンキャンパスを皮切りに、随時ARコンテンツを作成。8月10日には、junaioの技術を応用した「動くポスター」「AR大学案内」、セカイカメラを活用した「在学生 顔タグ」「キャンパス案内エアタグ」を提供する。(後略)

問題は、オープンキャンパスにやってくる受験生たちが、どれぐらいスマートフォンを持ってくるか?
まだ、そこまで多くはないのではないかと思います。

それでも、先生方の研究や、学生の実習という目的もありますので、やってみる価値はありそうです。

さらに、これにソーシャルなコンテンツが加わってくると面白いですね。
大学が用意した素材以外に、クラスやサークルなど、あるいは個人でも自由にコンテンツを追加していく。
(もちろん、イタズラは監視しつつ)

そもそも、大学の人間が説明するのではなく、学生を活用しているということは、受験生に身近に感じてもらおう、生の声を聞いてもらおうという意図があるはずですので、案外、非公式なものの方が役立ったりするのではないでしょうか。
pagetop