August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

東大 博士課程の授業料ゼロについて考える

なぜか、ここのところ、大学がらみの記事が日経に多いような気がします。
先日の、東大、親の年収400万円未満で授業料タダの記事も、私が発見したのは日経からでした。
そして、東大がまたやってくれました。

東大、博士課程の授業料「ゼロ」・頭脳流出歯止め狙う」』(NIKKEI NET)という記事から。
 東京大学は来年度から、大学院博士課程に在籍する学生(約6000人)の授業料負担を実質ゼロにする方針を固めた。国立大では初の試みで、財源に約10億円を充てる。欧米や中国の一流大との"頭脳獲得競争"が激化する中、国内外の優秀な学生を招くには奨学制度の抜本的な充実が不可欠と判断した。

 東大によると、博士課程の授業料は年52万800円。在籍する約6000人のうち約3500人はすでに各種の奨学金や研究奨励金を得ており、残る約2500人から休学者を除いた約1700人の支援財源として約10億円を経費節減などで工面。1人当たりの支給額は約58万円で、授業料を賄える計算だ。

先日の、学費免除の話といい、ここのところの東大は、なかなか、いい球をストレートで投げ込んでくれます。
しかも、あきらかに「ちょっと他の大学ではマネできなだろう」的な表情(?)を思わず想像してしまいます。

博士課程に進む人は、純粋に学問に対する興味とは裏腹に、どんどん年齢は上がっていくわけで、収入や立場の不安感は大きなものがあるでしょう。

トップの大学に、こんなことをされると、他の大学はなかなかつらいですね。

表題にある「頭脳流出」が、国外への流出を意味しているのか、国内他大学への流出を意味しているのかわかりませんが、東大たるもの、国内他大学から引っ張ってくるようなことは考えず、国外だけに目を向けて欲しいものです。

それはおいておいて、気になるのは"約2500人から休学者を除いた約1700人・・・"というところ。
800人も休学しているんですか?
この数は多くないのですか?
博士課程の単位は取得してるものの、学位論文が認められそうにない人が、とりあえず休学して、幽霊になっているとか、そういうことなのかな?

comments

学位論文のための休学以外に、留学しているが、東大に席を残している人がかなりいると思います。あと、文化人類学系とかではフィールドワークのための休学もありますが、少数でしょう。

  • マサ
  • 2014/03/25 4:02 PM
twitter    

trackback

pagetop