August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

記念受験減少? 明治大が早稲田大を抑えて志願者数首位 について考える

私大の入試結果もぼちぼち出てきていますね。

今年の志願動向は「安・近・少」だと言われています。となると、いわゆる難関私大と言われる大学は、ちょっと敬遠されることになります。

その影響か、大学ごとの志願者数をまとめると、今年は、明治大がトップになりそうだということです。

大学入試:志願者数、明大首位に 不況後押し、記念受験減少 早大のV12阻止』(毎日.jp)という記事から。
 大学入試で早稲田大が11年連続で守ってきた志願者数日本一の座を明治大に明け渡すことがほぼ確実となり、大学や受験業界など関係者の話題を集めている。明大がトップに立てば初めて。躍進の背景には不況の影響もあるという。

 早大の一般入試の志願者数は09年度比5651人減の11万5515人で確定している。一方、明大の志願者数は18日現在、同8922人増の11万5158人。今のところ早大が1位、明大が357人差の2位だが、明大は3月5日締め切りのセンター試験利用入試(後期日程)が残っている。明大によると、例年この試験には600〜700人の出願があり、最終的に早大を抜くのがほぼ確実の情勢だ。(後略)

明治大のHPでの速報はこちら↓ (PDFです)
明治大学 2010年度志願者数日計表

ここ数年は、関東の大学で、全学統一日程や、センター利用方式の複線化など、入試機会の拡大策が次々にとられてきました。当然、導入した年には、志願者は増加します。
しかし、今年の明治大は、大きな入試の変更はありません。廃止した方式もあるぐらいです。
志願者数増加の要因は、別にあるということですね。

やはり、安全志向ということなのでしょうか。
センター利用方式だと減少している学科もある一方で、一般入試でおおむね増加しているところを見ると、確かに、難しかったセンター試験の結果を見て安全志向に動いているという様子はうかがえます。

ただ、そうなると、大学にとって志願者数が増えればそれでいいかというと、決してそうではありません。

私大専願者が、早慶が厳しいから明治大へ、と動いている分にはいいのですが、国公立大併願者はどうでしょうか。
地方の高等学校の進路指導の先生に聞くと、特に最近の傾向として、「以前ならば、MARCHと地方国立大とを比較するとMARCHを選ぶ生徒が多かったが、最近はほぼ100%国立大に進学する」と話されていました。

明治大の躍進が安全志向の結果だとしたら、それは上位者の国公立大への流れとセットになっています。
実際に入学することになる学生の学力層が気になるところです。

ところで、12年前に志願者数日本一だった、早稲田大ではない大学って、どこだったのでしょう? 

comments

確かに地方高校生にとっては四年間の出費はMARCHより地元の国公立の方が安いでしょう。

ただ、(お金だけで大学選択することをすすめている訳ではありませんが)真面目にお金を中心に考えると、出費だけでなく収入も考慮するのが筋です。
となると、企業の大きさ、就職機会などの違いから、【平均生涯賃金がMARCHの方が高いなら、トータルはMARCHに軍配があがる】という仮説も立てられます。どこかにデータがあれば検証できますね。

私がMARCH広報ならそれを使って地方高校生を呼ぶことを考えるかもしれません。

  • ヒラリー
  • 2010/02/20 11:57 AM

ところで、12年前に志願者数日本一だった、早稲田大ではない大学って、どこだったのでしょう?

日本大学だったと思います。

  • トロギール
  • 2010/02/20 8:19 PM
twitter    

trackback

pagetop